BMW325i (E46)”エンジンかからない”修理 燃料ポンプリレー交換DIY

      2017/09/23

先日、5番シリンダのイグニッションコイルを交換し、調子が良くなったと喜んだのもつかの間、次の日にエンジンが掛からなくなってしまった。バッテリーを新品に交換するも治らず…。

色々原因が考えられるが、原因となる可能性が高く、自分で簡単に治せそうなところから手を付けてみることにする。
初めに、燃料関係のリレーを交換してみる。

準備するもの

燃料ポンプリレー 部番:61368373700 ¥2,000(ユーロオートで購入)

DMEリレー 部番:61366915327 ¥2,000(ユーロオートで購入)

インジェクターリレー 部番:燃料ポンプリレーと同じ ¥2,000(ユーロオートで購入)

作業手順

バッテリーのマイナス端子を外す。

グローブBOXを取り外す。グローブBOX下側のねじをプラスドライバーで取り外す。(2か所X左右)

グローブBOXを吊るしている左右のクリップを取り外す。マイナスドライバーでピンを浮かせてラジペンで引き抜く。

グローブBOXを外したら、上側のランプをマイナスドライバーでこじって外し、コネクターを外す。

グローブBOXの奥についている黒いカバーを、固定しているねじを外して取り外す。(5か所?か6か所←忘れてしまった

 

下側のカバーをずらし、白色トレーの下側を固定しているボルトを取り外す。(要エクステンションバー)ボルトが落っこちると厄介なので、注意してボルトを取り出す。

白色トレーの左右上方のフックを取り外す。(上側は車体側にフックで引っ掛けて固定されている。)トレー全体を下方に引っ張ってリレーにアクセス出来るようにする。




リレー側面(左右)のクリップを外し、リレーを取り出す。写真左端の緑色のリレーが燃料ポンプリレー。

取り外したリレー。右側が新品。

後は外した部品を元に戻して終了。 白色トレーの上側のフックを取り付けるのに難儀した。

DMEリレーとインジェクターリレーはボンネットのエレクトリカルBOX内にある。緑色がインジェクターリレー、奥の青色がDMEリレー。2つとも新品に交換した。また、黒色のヒューズBOX(エンジン関係のヒューズらしい。)も外して導通をチェックしたが、問題なし。

黒色のヒューズは、youtubeでe46のエンジンが掛からないときは先ずここをチェックしろ!と言ってる人がいたので調べてみたが、関係なかったようだ。因みに動画にあるように簡単にはヒューズのカバーは外せません。真似するとケースを壊してしまうので要注意!

作業終了後エンジンは掛かったが、また次の日エンジンが掛かりずらくなってしまった。長い戦いになりそうな予感…。

費用:¥6,000

実施時期:2017年2月

走行距離:165,000キロ

追記:結局、今回の原因は燃料ポンプだった様子。詳細はこちらhttp://jm-competition.com/bmwfuelpumpreplacement/

 - BMW325i ツーリング(E46)