クルマとバイクとレーシングカート

BMW325i(E46) 燃料ポンプ交換DIY

2017/09/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

エンジンが掛かりずらい不調の対策として、燃料ポンプ・燃料フィルターを交換することにした。今回は部品のみ自分で調達して作業は整備工場に依頼しようと考えたが、燃料フィルターのホース類の入手に時間がかかり手持ち無沙汰になってしまい、ポンプは直ぐ交換できる状態だったのでDIYで作業することにした。”作業は簡単”なはずだったのだが…

用意したもの

燃料ポンプ(メーカー不明) ¥13,000

燃料ポンプVDO製 ¥20,000(GTストアで購入)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

228-222-009-002Z:BMW3シリーズ他(E46)燃料ポンプユニット
価格:21384円(税込、送料別) (2017/8/14時点)

 

フューエルポンプガスケット ¥2,250(D-STIMMERで購入)

 

ホースクランプBMW純正 X1個 \340(ユーロオートで購入)

作業手順

先ず燃料ポンプまで通電があるか確認する。リアシートを外し(シート座面の前側を上方に引っ張ると簡単に外れる)、カバーを留めている六角ナット4か所を緩めカバーを外す。ポンプに繋がっているコネクターのロックをスライドさせて解除し、コネクターを外す。

車体側コネクターにテスターのピンを挿し、イグニッションON時(数秒間通電する)、クランキング時の電圧を測定する。12v~13Vぐらいあったので導通はOKのようだ。

ポンプまで電気が来ているのを確認したので、燃料ポンプを交換する。




ポンプを外した際ゴミがタンクに入らぬよう周辺をきれいにする。ポンプのコネクターを外した状態で2,3回クランキングし、燃料ホース内の燃圧を下げる。ポンプに繋がっているホースをつまんで、圧力が掛かっていないことを確認する。

 

念のため、バッテリーのマイナス端子を外し、給油口の蓋も外しておく。

燃料ホースのクランプをニッパーを使って切断する。(ホースに傷をつけないようウエスで養生した。)

ポンプを固定しているスクリューリングの位置がわかる様、印をつけておく。

 

ホースを外す。固着してると思われるので、ポンプとの接続部をペンチでつまみ、捩じりながら外そうとしたところ、”ボギッ”とポンプの接続部が折れてしまった。ショック!

ポンプを固定しているスクリューリングを外す。マイナスドライバーを突起部に当て、プラハンマーでコンコン叩いて反時計回りに回して外した。
(燃料ホースから燃料が少しずつ出てくるので、適当なボルトで蓋をしておいた。)

スクリューリングが外れたら、燃料ポンプ本体を引っ張り出す。

古いポンプを取り出したら新しいポンプを組み付けるのだが、今回最初に入手したポンプ(メーカー不明)を見てみるとポンプのモーターに繋がっている端子が緩くグラグラしていたので、端子を外し、きつく締まるようにペンチで調整してみようとしたが何度やってもうまくいかず、終いには端子を折ってしまった。⤵
ギボシ端子のみを汎用品で補修してもよかったが、今更ながらこのポンプの品質に不安を覚え、純正OEM品を購入することにした。

購入したポンプはVDO製、パッキンは純正品。パッキンをポンプに組み付けた状態でタンク内に挿入し、タンクの淵にパッキンを組み付け、タンク側の切り欠きとポンプの突起部を合わせてから押し込む。

スクリューリングを取り付ける。
ホースを差し込み、ホースバンドでしっかり固定する。

エンジンをかけて燃料漏れがないことを確認して終了。

ポンプ交換後、エンジンが掛かりずらい症状はなくなった。ここ最近は、車に乗った翌日になるとエンジンが掛からず、一週間ぐらい空けてエンジンをかけると一発で掛かるという状況だった。ポンプが弱っていたため、十分な燃料が供給されていなかったのだろうか?

交換時期:2017年3月

走行距離:165,000キロ

費用:¥33,000(本来は2万円で済んだはず)

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© jm blog , 2017 All Rights Reserved.