クルマとバイクとレーシングカート

BMW325i E46 ユーザー車検(春日部陸運局)

2017/09/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

15年落ち、16万キロ越え 中古BMWの車検に臨みました。幾ら掛かるかと心配していたが、費用は税金・保険料込みで10万円ぐらいだった。

以下忘備録。
♣先ずは、車が検査に合格する状態か確認するため、整備工場に点検を依頼。

http://jm-competition.com/post-665/

点検費用¥20,000

♣大きな問題は無さそうなのでインターネットで検査の予約。

希望する検査日の15日前から予約が出来る。

https://www.yoyaku.naltec.go.jp/pc/reservationTop.do

♣当日用意するもの。

車検証、自賠責証書、整備記録簿、認印、A4バインダー、現金。

♣試験当日、先ずテスター屋さんに行き、光軸・サイドスリップ等を一通り見てもらう。

今回は、春日部陸運局近くの白光電機さんにお願いした。

早朝割引でフルコース¥1,000。安い。自賠責の更新も行った。¥25,830

更に申請に必要な書類3枚も用意して頂き、至れり尽くせり。




♣陸運局に着いたら、先ほど入手した書類を見本を見ながら記入。

テスター屋さんで貰った検査票(検査結果を記録する用紙)が他の陸運局用になっていたが、確認すると問題なしとのこと。

建屋の外に手続きの手順がわかる案内があるので確認する。ユーザー車検の手順は、⑦→⑮→コース→⑯(番号は窓口を示す)

♣書類を書いたら、重量税及び検査手数料の証書を購入する。(7番窓口)

重量税¥4,5600 検査料¥1,800

♣ユーザー車検受付窓口に書類を提出。(15番窓口)

受付のハンコをもらい、検査ラインに向かう。

♣検査ラインで検査を受ける。

初めてですと申告すると、付き添いの検査官が付いてくれる。

右のヘッドランプ(ロービーム)で一度×が出る。ハイビームでも×が出るが、ローを検査官に目隠ししてもらい、合格。←自分でやれと叱られる。スミマセン…。

その他は滞りなく終了。ラインの終わりで検査票を提出し、ハンコをもらう。

♣車検証の交付窓口に、書類を提出。(16番窓口)

新しい車検証とステッカーを交付され、終了。何とも言えない達成感に包まれる。

次の車検までは乗り続けるぞ!という気持ちになった。

費用まとめ
点検整備:¥28,500

自賠責:25,830

重量税:¥45,600

テスター代:¥1,000

検査料:¥1,800

費用合計:¥102,730

実施時期:2017年8月

走行距離:167,900km

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© jm blog , 2017 All Rights Reserved.