クルマとバイクとレーシングカート

プレイシートチャレンジとファナテックCSL DDその②

 
この記事を書いている人 - WRITER -

プレイシートチャレンジの欠点を克服すべくアルミフレームを使って補強をおこなった。

まずは、シートの寸法を測りフリーの3D CADソフト(AUTODESK FUSION 360)で構想を練る。

ゆくゆくは3画面にしてみたいので、モニターの固定部も設計してみた。

次に、MISUMIでアルミフレームを購入。※個人でも購入可能だがクーリングオフ等は効かないので注意。

アルミフレームのサイズはいろいろ悩んだ結果、8シリーズの40×40と40×80を使用。

(組み立て中)

CLSDDの固定はプレイシートチャレンジのものを流用した。(ブラケットはホームセンターで購入)

ペダル部分もボルトでしっかりと固定。

シートの固定部は、ホームセンターで見つけた金具を使用。

中央部分が凹んでいてパイプ部分を固定するのにちょうどよい。

ハンコンのフィードバックも細かく伝わるし、剛性も問題なさそう。

シート、ペダルのポジションも改善されいい感じ。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© jm blog , 2022 All Rights Reserved.